インディペンデント・キュレーター/クリティック。九州大学文学部文学部哲学科卒業・同修士課程修了(西洋哲学史)。川崎市市民ミュージアム (以下 kcm) 在籍中、学芸員として写真、デザイン、現代美術に関する展覧会企画を行う。2017年からインディペンデントで活動。代表的展覧会:「バウハウス 芸術教育の革命と実験」(1994 kcm)、「現代写真の動向」(1995, 2001 kcm)、「遠・近 ベッヒャーの地平」(1996 kcm)、「バウハウスの写真」(1997 kcm)、「写真ゲーム」(2008 kcm)、「WA 現代日本のデザインと調和の精神」(2008 国際交流基金 共同キュレーション)、「生きるアート 折元立身」(2016 kcm)などがある。2017年からフリー。2019年のバウハウス100周年を祝うbauhaus100 japanプロジェクトを推進。巡回展「きたれ、バウハウス」の監修を行う。著書『光のプロジェクト —写真、モダニズムを超えて—』(青弓社 2007)、訳書『写真の哲学のために』(ヴィレム・フルッサー著 勁草書房 1999)、編著『写真集 吉村朗』(大隅書店 2014)、共著『現代写真アート原論 《コンテンポラリーアートとしての写真》の進化形へ』(フィルムアート社 2019)など。

公式ウェブサイト:Art & Article by Masafumi Fukagawa https://www.mfukagawa.com/

E-mail: mfukagawa@mac.com