プロフィール :
交換学生として北米留学、Univ. of Miss.家政学部、建築学部専攻。
学部奨学生、日米協会フェローとして、プラット芸術大、インテリアデザイン学部で学ぶ。

職歴としては、G.ネルソン.デザインオフィス(N.Y.),鹿島(建設)設計部嘱託、多摩美術大、非常勤講師など。

北米、N.S.I.D.賞ほか。
公職として:建設省都市計画中央審議会、国土庁、環境庁、自治省、文部省、運輸省、郵政省、通産省、防衛施設庁、国土交通省、財務省、各審議会委員ほか。

主な著書として :
「インテリアデザインー造形の基礎」(彰国社)
「インテリアデザイン入門」(講談社)
「身の回りのデザイン」(三一書房)
「都市環境の美学」(NHK出版)
「環境をつくる」(ポプラ社)
「 愛の美学」(海竜社)
「エレガントに女の時間」(海竜社)
「インテリア アーキテクチゥアー  ー環境構成の基礎/A.フリードマン他著(彰国社)翻訳
ほか。

主な美術評論、都市、建築デザイン論として :
「マルタ パン」
「ヘンリー ムーア」
「マリノ マリー二」
「イサム ノグチ」
「クレー」
「マチス」
「クリムト」
「エルンスト」
「ル.コルビジエ」
「ミース」
「フィリップ ジョンソン」
「丹下」
「安藤」
ほか。
「都市環境の 美学と倫理」
「ドイツのアウトバーン/ヴィエナからルクセンブルグ」
「ローマン スピリット-社交空間としての街路と広場」
「京都」 「フィレンチェ」
「パリ」 「ヴェルサイユ・小トレアノン」「ロアール河畔の城館建築」
「ベネチュア」
「ニューヨーク」「ボストン」「サンフランシスコ」
「セントラルパーク」
「思想としての公共性」
「イギリスの庭園都市」
「ウイリアム モリスの思想」
「コッツオルズ」
ほか。

デザイン(インテリア、建築、都市計画)、絵画、エッセイ(都市論、比較文化論ほか)の領域から、主要な専門誌、雑誌、新聞に寄稿。T.V.キャスター、コメンテーター等。
国内外の専門の学会、ジャーナリズムのシンポジューム,講演、パネラーに出演。

主設計作品に:
北米政府委託プレハブ住宅案(G.ネルソン.デザインオフィス,N.Y.)
オフイス室内設計(鹿島建設設計部・参画、日本建築学会賞受賞作を含む。)
オリベッティ社(伊)の歴史、理念「公害なき進歩」を示す展示デザイン(東京松屋デザイン コミッティー)
J.T.B.,JAL,展示デザイン(N.Y.)
五色台国民宿舎(香川県、黒川紀章都市建築設計事務所,インテリア協力)
17世紀の合掌造り民家再生の山荘(軽井沢、永平寺宮大工との協同、アスペン日本文化国際会議で現代日本の住宅建築の一例として写真展示)
他、多くの空間設計に参画。
書籍、雑誌、レコード ジャッケットの装丁のための絵、イラストレーション(鹿島建設出版、N.H.K.出版)/世界各地の都市環境を、自然、風土を基盤に、美学と倫理の視点から、インフラストラクチャーの質、各地域性の洗練、景観,ヒューマニスティックな「良心」に立脚した提言を、コラム、評論、イメージ スケッチなど(東京ウオーターフロント、銀座の街路樹再生案、長野県の街路修景計画ほか)を通して行う。