多摩美術大学芸術学科教授。1959年生まれ。東京大学文学部美術史学科卒業。日経BP社「日経エンタテインメント」誌でクラシック音楽と洋楽を記者として担当。その後「日経アート」記者、編集長、日経BP社編集委員室編集委員を経て日本経済新聞社文化部で美術担当記者。2012年から現職。「画鬼、河鍋暁斎」「光の旅〜カラヴァッジョ、ラ・トゥール、レンブラント、フェルメール」「藤田嗣治の技法解明〜乳白色の美生んだタルク」などとして多くの記事を執筆。現在も日本経済新聞や「日経ビジネスオンライン」などに寄稿も。