略歴・業績:
1952年生まれ。
1983年東京大学人文科学研究科博士課程中退。博士(文学)。
現在東京大学総合研究博物館教授(博物館工学/美術史学)。

主要著書は
『十五世紀プロヴァンス絵画研究』(1994年、岩波書店)
博物館工学三部作『博物館学』『大学博物館』『二十一世紀博物館』(1995年、1996年、2000年、東京大学出版会)
『装釘考』(2000年、玄風舎)
『ミクロコスモグラフィア講義録』(2004年、平凡社)
『東京大学』(2005年、東京大学出版会)
『チェコ・アヴァンギャルド』(2006年、平凡社)
『Chamber of Curiosities from theCollection of The University of Tokyo』(2006年、赤々舎)

展覧会企画・図録
『東アジアの形態世界』
『歴史の文字』
『学問のアルケオロジー』
『真贋のはざま』
『チャペック兄弟とチェコ・アヴァンギャルド』
『マーク・ダイオンの「驚異の部屋」』
『プロパガンダ1904-1945——新聞紙新聞誌新聞史』
『グローバル・スーク』
『東京大学コレクション——写真家上田義彦のマニエリスム博物誌』など。
他に共著書・翻訳など多数。

勤務先:
東京大学総合研究博物館

住所:
248-0007 鎌倉市大町1-16-36