兵庫県生まれ。京都大学文学部美学美術史学科卒業。富山県立近代美術館、渋谷区立松濤美術館学芸員を経てDIC川村記念美術館学芸課長。専門は近現代美術史と写真史。

著書:
『高松次郎 言葉ともの』(水声社)2011年
『写真、芸術との界面に』(青弓社、日本写真協会学芸賞)2006年
『美術批評誌とその時代』(Fuji Xerox art bulletin 2 )2006年

編著書:
『野島康三写真集』(赤々舎)2009年
『大辻清司の写真 出会いとコラボレーション』(フィルムアート社)2007年
『安井仲治写真集』(共同通信社刊、倫雅賞)2004年
『吉中太造画集』(新潮社)1992年

主な共著書(2005年以降):
『美術の日本近現代史 制度・言説・造型』(東京美術2014年)
『復刻版具体』(藝華書院 2010年) 別冊に「「具体」と「日本現代美術」-表象批判の絵画とその周辺」所収
『美術批評と戦後美術』美術評論家連盟編(ブリュッケ 2007年) 「芸術・不在・日常―「反芸術」をめぐる批評言説」所収
『日本近現代美術史事典』(東京書籍、2007年)

主な寄稿(2006年以降):
「1970年代 美術と写真の交差点 日付と場所からの発想」他『来るべき世界のために 日本の写真と美術の実験1968-1979』(ヒューストン美術館ほか2014年)
「トラウマと救済–前衛アーティストたちの肖像」 『東京1955-1970 新しい前衛』展カタログ(ニューヨーク近代美術館、2012)
「認識の奪回 美術と写真の転換期」 『1970年代へ 写真と美術の転換期ー複写 反射 投影ー』展カタログ(ユミコチバアソシエイツ、2011)
「運動体としての写真芸術社―遊歩者の革新」 『芸術写真の精華 日本のピクトリアリズム』展カタログ (東京都写真美術館 2011)
「安井仲治ポートフォリオ集」『Nayaji Yasui Porfolio』Taka Ishii Gallery 2010 年 別冊所収 および監修
「影のあかるみ―片瀬和夫≪空間の空間≫における投影と反射のメタレベル」Kazuo Katase otto Rischl-Preistrager 2009, Raum eines Raumes Die Allegorie der Photographie, Museum Wiesbaden
「昭和前期の美術界と写真」『昭和期美術展覧会の研究 戦前篇』東京国立文化財研究所編 中央公論美術出版社 2009年
「Chim↑pomの確信度とコミュニケーション過程の自立-ハンス・ベルメールと宮川淳のアシストによる」『なぜ広島の空をピカッとさせてはいけないのか』河出書房新社 2009年
「大田黒元雄と『写真芸術』-遊歩者のカメラアイ」『没後30年特別展 大田黒元雄の足跡』杉並区立郷土博物館 2009年
「近代美術館 草創期の思考」『リア』リア制作室 2009年20号
「写真と展示の現在」『写真空間』2号 青弓社 2008年9月
「メタ写真と私性―中山岩太、大辻清司、榎倉康二、高松次郎」『写真 見えるもの/見えないもの』展カタログ 東京芸術大学 2008年
「森堯茂と日本の戦後彫刻」『造形思考の軌跡―森堯茂 彫刻の70年』創風出版 2007年
「世界の中の日本美術―創造・演出・鑑賞」『美術館連絡協議会 25年のあゆみ』中央公論事業出版 2007年
「リアリズム絵画:1950年代」『日本近現代美術史事典』東京書籍 2007年所収
「美術批評の旅―瀧口修造と東野芳明」『To and From Shuzo Takiguchi』BOOKLET 14慶応義塾大学アート・センター 2006年
「人間と物質」『野生の近代 再考―戦後日本美術史』 国立国際美術館編 2006年
「女性作家の評価 1950-75 日本の場合」『近代日本女性美術家と女性像に関する研究』 平成15-18年度 科学研究費基盤研究B 研究成果報告書 2006年

主な担当展覧会およびカタログテキスト(2000年以降):
『ハイレッド・センター直接行動の軌跡』名古屋市美術館・渋谷区立松濤美術館2013-14年(美術館連絡協議会奨励賞)
『渋谷区立松濤美術館所蔵 野島康三作品と資料集』渋谷区立松濤美術館2009年(美術館連絡協議会優秀カタログ賞)
『中西夏之新作展 絵画の鎖・光の森』渋谷区立松濤美術館2008年 「中西夏之の絵画 絵画の鎖 光の森」所収
『梅原龍三郎 晩年の造形と愛蔵品』渋谷区立松濤美術館2005年 「梅原龍三郎をめぐる批評言説」所収
『合田佐和子 影像』渋谷区立松濤美術館2003年 「合田佐和子 影像」所収
『石田喜一郎とシドニーカメラサークル』渋谷区立松濤美術館2002年 「石田喜一郎とシドニーカメラサークル ―写真における近代と日本」所収 Museum of Sydney に巡回
『瀧口修造の造形的実験』渋谷区立松濤美術館・富山県立近代美術館2001-2年 「瀧口修造 造形的実験の軌跡」所収
Embracing Life, 10th Asian Art Biennale Bangladesh 2001
『細江英公の写真』渋谷区立松濤美術館ほか巡回 2000年「オリジナルプリントとミニグラフ」所収
Counter photography Japan’s Art Today, Japan Foundation 2000-