会報

 美術評論家連盟は、1940年第2次世界大戦中に組織された「美術問題研究会」を母胎とし、1950年戦後の改組によって「美術評論家組合」として再出発したが、翌51年更に「美術評論家クラブ」と改称し、更に54年に創立された「美術評論家連盟」(AICA)に発展的解消をして、今日にいたっている。

 しかし、日本国内における評論家相互の情報交換・討論の機会はかならずしも活発とはいえず、まして日本の美術の問題や提言・現況などを海外に発信する方法には、美術ジャーナリズムの現状もふくめて、とぼしい。一時は「ART CRITICISM IN JAPAN」と題したアンソロジーの企画も検討されたが、思潮・表現方法が多様化し、即時的な情報交流が必要な現状をふまえ、シンプルな形式での機関紙発行を試みたのが本誌である。

 内容体裁とも今後検討の余地があると考えられるが、これを機会に活発な意見の提案を望むものである。ささやかながら、これを今後くりひろげられるムーブメントの出発点としたい。

ウェブ版

バックナンバー

購入方法

税込みで定価500円。送料は別払いです。
購読ご希望の方は、下記までご連絡下さい。

美術評論家連盟
〒 102-8322 千代田区北の丸公園3 東京国立近代美術館気付
e-mail : aicajpn@gmail.com

尚、会報は東京国立近代美術館ミュージアムショップにても販売しています。