結成経緯 / 「表現の自由について」の基本理念

結成経緯

美術評論家連盟の結成は1954年5月だが、これ以前に前身となる団体を幾つか経てきている。まず戦時中の新体制に呼応する形で、1940年12月6日に「美術問題研究会」が結成された(※1)。この会は戦後、1950年に「美術評論家組合」として改組され再出発し、これが翌年、「美術評論家クラブ」と改称され(※2)、さらに五四年の「美術評論界連盟」の創立とともに発展的解消をした。

美術評論家連盟は、国際美術評論家連盟(aica = association internationale des critiques d`art) の日本支部という形で結成されたものであるが、aica の結成の経緯は次のようなものである(※3)。1948年と49年、ユネスコ本部において、アンドレ・シャステル、ピエール・クールティヨン、リオネルロ・ヴェントゥーリらをはじめとする美術評論家・美術史家・美術教育者・近代美術館学芸員らが参集する二つの国際会議が行われ、美術評論家という職業に関する視点、芸術家と公衆に対する責任や美術史に対する貢献に関する性格付けなどが話し合われた。これらの国際会議のあと、より一層の国際的な芸術・文化面での発展への貢献をはかるため、1950年に aica が設立され、1951年にNGOとして認可された。

1952年、ヨーロッパを旅行中だった富永惣一がスイスで開催されていた第四回国際美術評論家会議に誘われて、aica からの日本支部を結成しないかとの打診を受け、日本に加入の意志があることを表明した。この意志表明に従って美術評論界連盟の結成が行われたものである。結成時の役員は以下の通り。(会長)土方定一(常任委員長)富永惣一(常任委員)今泉篤男、金丸重嶺、勝見勝、嘉門安雄、浜口隆一、山田智三郎、和田清(事務総長)河北倫明(書記)小倉克之(幹事)土方定一、田近憲三、河北倫明、瀧口修造、徳大寺公英、鈴木進、江川和彦。発足時の会員は六十余名であった。

50年代に美術評論家連盟が結成された主な背景として、鎌倉(51年)と京橋(52年)の2つの近代美術館の誕生に伴い、新しいタイプの美術評論家の登場が待望されたことが挙げられる(※4)。(文中敬称略)(文責:倉林靖)

(1) 発起人は尾川多計、荒城季夫、柳亮、今泉篤男、富永惣一、田中一松、大口理夫、水沢澄夫、相良徳三、森口多里、土方定一。なお、これ以前にも、一九三六年十月設立の「美術批評家協会」があった。
(2) 年代は美術評論家連盟内部資料による。瀬木慎一『日本の前衛 1945-1999』(生活の友社、2000年)、246頁によれば、「美術評論家組合」の再出発は49年3月2日、「美術評論家クラブ」への改称はその翌年。
(3) 以下の経緯は、aica のホームページ
http://aicainternational.org/en/background-objectives-of-aica/に基づく。
(4) 瀬木、前掲書による。以上、全体として、美術評論家連盟の内部資料と、瀬木、前掲書、239〜248頁を参照した。

なお、以下に歴代の美術評論家連盟会長を挙げておく。

1954年発足時  土方定一
(この間、不明)
1963年  瀧口修造
1964年  富永惣一
1966〜73年  山田智三郎
1974〜82年  岡本謙次郎
1983〜86年  東野芳明
1987〜94年  河北倫明
1995〜98年  本間正義
1999〜2008年 針生一郎
2009〜2011年 中原佑介
2012年〜2017年  峯村敏明
2018年~ 南條史生

 

「表現の自由について」の基本理念
(2016年発表)

美術評論家連盟は、芸術表現、批評活動の自律的営為を尊び、その何ものによっても遮られない持続を願い、たがいに支え合うことを基本理念とする。連盟は、芸術表現、批評活動の自律的営為にたいする、この自律的規範を無視した外部の力による、強制的かつ恣意的な改変(要請を含む)をはじめとする理不尽な抑圧にたいして反対し、かつ抵抗する。
そもそも、表現の発表はすべての表現者の権利である。芸術表現、および批評活動は、その成果を相互の議論に開くために発表される(表現の評価はその発表によって、はじめて議論に開かれうる)ものであって、こうした応答を通して、不断にその活動の質は高められ、品位が維持されなければならない。
芸術表現は、それが発表された際の恣意的な見解の差異、および偏向した解釈を根拠に、いたずらに抑制されるべきではない。まして、いまだ明らかにされてはいない解釈への怖れ、未然の配慮、抑止的な予防を理由に、前もって抑制されることは、決してあってはならない。
芸術および批評活動は、以上のような前提のもとに長年に亘り蓄積されてきた議論の歴史の上に形成されてきた自律的な判断と、その基準を備えている。連盟の活動はこの所産の上に成り立っており、この自律性を保ち、支えることを第一の目的とする。*
美術評論家連盟会員は、この表現、批評活動の自律性を維持するために不断の努力を惜しまず、それを自らの責務とする。

 

*国際美術評論家連盟の設立目的には以下のように記されている。
to defend impartially freedom of expression and thought and oppose arbitrary censorship.
「表現、思想の自由を分け隔てなく守り、それを恣意的に侵害する検閲に反対すること」
http://aicainternational.org/en/background-objectives-of-aica/
また、AICA の合衆国支部のサイトには、
One of AICA's founding principles was a statement against censorship「国際美術評論家連盟の設立理念のひとつは検閲への対抗にあった」と明記されている。
http://www.aicausa.org/about/aica-international

 


1 もし表現が、特定された個人の生活を脅かす、威嚇や強迫、中傷を含むものであれば、当然、その表現は表現として批判されなければならない。なぜならそれは議論へと開かれた表現ではなく、排他的な意思の強制(反証が可能でない断定)とみなされるべきものだからである。
2 芸術表現および批評活動は、その創作過程のあらゆる局面において、自律性を保つ権利(それを保つための自己吟味、修正、改変過程を行う権利)をもつ。この自律した論理に従った内的な過程と、それに対する外部からの権力の介入(法の恣意的な援用による検閲、地位や利害関係の非対称的な社会関係を背景にした強制など)による制作物の不条理な改竄、修正、抑圧、抹消は厳密に区別されなければならない。われわれは、こうした外的な強制力による創作過程への恣意的な介入(検閲、改竄)を決して認めず、この自律的活動の権利を一貫して守る。